インプラントが持つ時期

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。
ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
PR:おすすめの歯用のホワイトニングジェル

コメントを残す