埋込手術

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
もっと詳しく⇒歯の汚れが黒くなるほど目立っている

コメントを残す