治療期間が終わった

長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。
普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
あわせて読むとおすすめ>>>>>人気の歯磨き粉で白い歯を作る