健全な歯を傷つけるのは避けたい

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは実現できるようになりました。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。
他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
購入はこちら⇒歯の黄ばみを取る 簡単