どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。
気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
あわせて読むとおすすめ>>>>>ホワイトニングの比較的、効果的な方法です